calendar128_128

債務整理や自己破産をした方で「最低でも5年間はクレジットカードは作れない。」ということを知っている方は多いと思います。

しかし、インターネットには「自己破産から1年でクレジットカードが作れました。」「債務整理から6ヶ月しか経っていないのにクレジットカード審査が通った。」という都市伝説的な情報があふれているため、5年は作れないとわかっていたけど、「ものは試しに申込んでみた」という方が少なくないのです。

債務整理から十分な時間が経過していないのに申込みをしてはいけない

この「ものは試しに申込んでみた」という行為はおすすめできない行為なのです。

通常、債務整理をすると個人信用情報に5年間「異動」という情報が記載されます。

この「異動」情報は、61日以上の返済遅延をした場合や債務整理や自己破産をした場合に掲載されるもので、この情報は個人信用情報には5年間掲載されることになります。

「異動」情報がある場合にはほぼクレジットカードの審査には通らないのです。

個人信用情報は、金融機関であれば、クレジットカード会社であれば、ほぼすべての会社が審査に時に照会して情報を調べるので、個人信用情報に「異動」情報が掲載されたら消えるまでは待つ必要があるのです。

しかし、個人信用情報に掲載された、掲載されていないをかかわらずにクレジットカード会社は「債務整理をした人は審査を通したくない」と考えています。

そのため、債務整理の対象になったクレジットカードがあれば、そのクレジットカード会社は個人信用情報とは別に自社のデータベースに債務整理の情報を登録するのです。債務整理対象のクレジットカード会社のカードは半永久的に作れないことになります。

もし仮に債務整理から1年しかたっていないのに別のクレジットカード会社に申込でしまったら、そのクレジットカード会社は個人信用情報を照会して、債務整理の事実を知ることになります。

ここで、そのクレジットカード会社は自社のデータベースに申込者の債務整理の事実を登録してしまうのです。

結果、金融事故を起こして迷惑をかけてない金融業者にまで自分の金融事故を知られることになってしまい、社内のデータベースに記録されてしまい、半永久的に審査が通らないクレジットカード会社が増えてしまうのです。

「でも、クレジットカード会社っていっぱいあるでしょ?」

と思っているのであればおお間違えです。流通しているクレジットカードは数百枚とありますが、ほとんどが提携カードであり、発行している主なクレジットカード会社は十数社ほどなのです。さらにグループ会社間でも情報が共有されているとしたら、さらに数は減ってしまいます。

ネットの都市伝説のような情報に惑わされて、債務整理から5年を経過していないのにクレジットカードに申込みということは、自分が金融事故を起こしたという事実を宣伝しているようなものなので、おすすめできないのです。

ネット上に書いてある「自己破産から1年でクレジットカードが作れました。」「債務整理から6ヶ月しか経っていないのにクレジットカード審査が通った。」という情報は、ほとんどがウソや認識間違いなどがほとんどであり、仮に本当だとしても、1%に満たない割合であると認識しましょう。

債務整理をしてから5年以内にクレジットカードが必要な場合

債務整理をしてから5年以内にクレジットカードが必要な場合は、VISA加盟店で同じように利用できるデビットカードを利用するべきです。

デビットカードであれば審査はないため、債務整理とは関係なく利用することができます。

三菱東京UFJ-VISAデビット

jnb_card
  • 三菱東京UFJ銀行が発行するVISAデビットカード
  • VISA加盟店でクレジットカードのように使うことができる
  • 自動キャッシュバックで利用額の最大0.5%のキャッシュバック
  • 海外ATMでの現地通貨引き出しも可能
    ※海外でのATMのお引き出しは1回につき108円(税込)の手数料がかかります。また、一部のATMにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合があります。海外事務手数料:取引金額の3.0%

三菱東京UFJ-VISAデビットの申込みはこちら

-