comment128_128

クレジットカード審査で重要視されるものの一つに「勤続年数」というものがあります。基本的には半年以上勤務してからでないとなかなかクレジットカード審査には通らないというのが一般的なクレジットカード審査の基準です。

勤続年数をサバを読む人が多い

クレジットカード審査を通過するために勤続年数をサバを読んで多めに記載する人が少なくないのです。

しかし、確かにクレジットカード会社からしても、勤続年数の長さというのは正確に把握することが難しいもののひとつなのです。

そのため、サバを読んでクレジットカードが作れたという方や、その口コミも少なくないのです。

個人信用情報でばれる

しかし、実は個人信用情報を見ると、勤続年数のウソがばれてしまう可能性があります。

本当は3か月前に転職したんだけれども、勤続年数を1年とウソをついたとします。

しかし、仮に半年前にクレジットカードやカードローンの申込みをしていた場合、そのときの会社名と、今回申込みフォームに記載した会社名が違っていることになります。

この場合、最低でも半年以内に転職していることがクレジットカード会社にはわかってしまいます。

当然、ウソをついていることばばれた時点でクレジットカード審査は落ちてしまいます。

社会保険証でばれる

本人確認書類の提示が必要な時に、免許証ではなく、社会保険証を提示するケースもあるかと思います。

実はこの社会保険証というものは、会社が保険料を支払って発行する証明なので、会社名と会社に入った年月が記載されているのです。

つまり、免許証を出していれば勤続年数はわかりませんが、社会保険証を出していれば勤続年数はばれてしまうのです。

まとめ

クレジットカード審査に「勤続年数の長さ」というのは大きな影響を与えるのは事実です。

しかし、クレジットカードのクレジット(credit)というのは信頼という意味があるのです。

ウソをついてまでクレジットカードを取得しても、ばれてしまえばクレジットカード会社との信頼関係は崩壊してしまい、系列会社のサービスは今後利用できなくなってしまう可能性もあるのです。

転職したばかりで、クレジットカードの審査に落ちてしまうという場合は

半年経過するまでは、デビットカードなどクレジットカードの代わりのもので代用しながら、半年経過後に申し込みを再チャレンジすることをおすすめします。

虚偽の申告は、社会的な信用を失ってしまうのでやってはいけないのです。