goldcard128_128

ゴールドカードの審査は、一般的なクレジットカード(一般カード)の審査と何が違うのでしょうか?ここではゴールドカード、プラチナカードなどの上位カードの審査について解説します。

今はゴールドカードから申し込めるのが当たり前に

今までは、ゴールドカードやプラチナカードはいきなり申込むものではなく、一般カードを使っていて、カード会社が優良顧客と認めた方だけにインビテーション(招待状)という形でゴールドカードやプラチナカードへの招待が来るという仕組みになっていました。

そのため、ゴールドカードやプラチナカードには高いステイタス性があり、年間何百万もクレジットカードを利用して、かつ利用歴も長い方だけが持てるカードだったのですが

今では、学生でもゴールドカード、新社会人でも、OLさんでも、ゴールドカードを持っている方が珍しくなくなってきました。というのも「ゴールドカードから申し込むことができるようになったこと」と「ゴールドカードも格安ゴールドカードと言った誰でもできるものが増えてきたこと」が背景にあるのです。

それでも、三井住友VISAゴールドカードやアメックスゴールド、JCBゴールドなど、ステイタス性の高いゴールドカードにいきなり申込んで審査で落ちてしまう方も少なくありません。では、ゴールドカードの審査では何をポイントに審査が行われているのでしょうか?

ゴールドカード審査と一般カードの審査の違い

クレジットカード会社の視点で考えてみると

一般カードを発行する際に注意しているのは

「貸し倒れにならないかどうか?」

です。「キャッシングでお金を貸したのに返済されない」「ショッピングで買物した金額よりも引き落とし口座の残高が少ない」・・・これが最悪なのです。

貸したお金が戻ってこなければ、それがそのまま損失になってしまうからです。

結果として、審査で一番重視されるのは、「個人信用情報」「過去の返済状況」「他社借入の状況」などになってくるのです

最悪、貸し倒れさえなければ、一般カードを発行することに大きなリスクはないのです。

一方、ゴールドカードを発行する際に注意しているのは

「一定額以上のカード利用が見込めるかどうか?」
「一定額以上の安定した収入があるかどうか?」

です。ゴールドカードというのは、格安ゴールドカードを除いて、最高1億円の旅行傷害保険、空港ラウンジ無料やゴールドカード専用デスク、その他さまざまな特典など、サービスを維持するためにそれなりのコストをクレジットカード会社はかけているのです。

つまり、それをクレジットカードの利用による手数料収入で回収できなければ意味がないのです。

となると、必然的に重視されるのは

「一定額以上のカード利用が見込めるかどうか?」

になってきます。

「一定額以上のカード利用が見込めるかどうか?」は、過去のクレジットヒストリーをチェックすればわかることです。去年も、おととしも、同じカード会社で100万円以上使ってくれているのであれば、来年も100万円以上使ってくれる可能性が高いでしょうし、去年も、おととしも、1万円しか使っていない人がいきなりクレジットカードを100万円も使うはずがないのです。

同時に「一定額以上の安定した収入があるかどうか?」も重要になります。

「年収が高ければ、クレジットカードを多く使う」というわけではありませんが、年収の高い方、役職を持っている方は、周りの方も同じグレードの食事、旅行、車、時計、ファッションをするケースが多く、付き合いの中で「自分だけユニクロで自転車で年収2000万円です。」とはなりにくいと考えられるのです。

結果的に、一定の年収、上場企業、勤続年数も3年以上、部長職以上、などの条件があるとゴールドカード審査に通る可能性が高くなるのです。

まとめ

ゴールドカードの審査では

  • カードの利用額
  • 年収

が重視されます。

それがいくらなのかはゴールドカードのグレードによって大きく異なりますが、年収500万、カードの利用が年間100万円というのがひとつの目安になっていました。

ただし、ゴールドカードの審査基準は年々下がっています。

今では年収400万、カードの利用が年間60万円程度でも十分ゴールドカードの審査通過の基準に達すると考えて良いでしょう。

ゴールドカードの審査に落ちてしまった場合は、クレジットヒストリーを磨くことが一番近道です。使い続けながら、利用額を増やしてゴールドカードの審査に再チャレンジすると良いでしょう。