phone128_128

クレジットカード審査では電話番号の種類でも審査されているのです。電話番号で審査というのはどういうことでしょうか?

電話番号でクレジットカード審査とは?

クレジットカードの申し込みフォームはクレジットカード会社によって違いますが、一般的には「自宅の固定電話」と「携帯電話」を記入する欄が別々に設けてあります。

これは、分ける必要があってしていることなのです。

なぜなら、自宅の固定電話があると審査の評価が高くなるからです。固定電話を引くということは、NTTなどの通信会社に本人確認をした上で、実際に住宅に回線を当す工事をすることになります。

つまり、固定電話があると住所が確実に特定できるということになるのです。また、携帯電話だけの人と、固定電話を引いている人では、貸し倒れのリスクが違ってくるのです。

特に、現代では携帯電話の普及により固定電話の存在意義自体が薄れてしまっているため、より固定電話を利用している人は審査上プラスに評価されるようになっているのです。

申し込み時に固定電話もあるけれども、面倒だから、携帯に連絡して欲しいから、携帯電話しか書かないというのは、審査上は非常にもったいないことをしていることになるのです。

自宅固定電話・携帯電話    ◎

自宅の固定電話があると、住所を特定しやすいため審査にはプラス。さらに携帯電話もあれば、尚良い。

自宅固定電話のみ    ○

自宅の固定電話だけでも、審査上はプラスの評価です。

携帯電話のみ    △

携帯電話のみの連絡先だと、解約されてしまえば連絡がつかなくなってしまいます。クレジットカード会社としては非常にリスクを感じるポイントであるため、携帯電話のみだと審査はマイナス評価なのです。